キャッシングの在籍確認 周りにバレてしまうケースとは?

キャッシングの審査で不安なこのひとつとして、在籍確認があります。

原則、在籍確認は電話で行いますので、お勤め先で電話をとった人にバレてしまうのでは?と思う方も多いはずです。

実際には、

「○○と申します。△△さんいますか?」
「ただいま席をはずしております」
「分かりました、それでは失礼します」
ガチャッ

この程度で在籍確認は終わります。

キャッシング会社名を名乗ってかけることはなく、審査担当者の個人名でかけるので基本的には借入れしているとバレずに在籍確認は終わります。

それでもバラてしまうケースというのは、確率的には非常に少ないですがあります。

・キャッシングを利用している人が多い会社
同じ職場に、キャッシングを利用している人が多いと、電話口の人も慣れてしまって、個人名でかけているにもかかわらず逆に「在籍確認の電話ですか?」「○○なら在籍してますよ」と簡単に在籍情報を教えてくれる

・新卒が審査担当
貸付業務や電話業務に慣れていない新入社員だと、初めての貸付業務で間違って会社名を名乗ってしまったというケースがあり、お客様に謝罪。非常にまれなケースである。

・電話を普段業務で使うことが少ない職場
普段、外部から電話がかかってくることのない部署に在籍確認の電話をすると、かえって怪しまれることも

・口調でバレる
キャッシング会社によってですが、勤務先の電話番号は会社の電話番号ではなく本人に直接つながりやすい電話番号を記入が必要なところがあります。その番号が外部に公表していない番号で、普段は社内またはご家族との緊急連絡先のために教えていない番号であると、在籍確認の電話は非常に怪しまれます。この場合は、申込みの段階で審査担当者と家族から電話をかかってきたような口調で話してくださいと打ち合わせすることもできます。かえって、敬語で「~さんいらっしゃいますか?」だと周囲にバレるからやめてと要望をする人もいます。

 

 

例えば、電話を受けた人が、あの人もしかしてキャッシングしてる?と思ったとしても、大人なのですから「あの人お金借りてるよ」「ヤバいね・・・ヒソヒソ」と小学生や中学生みたいに「あいつトレイでウ〇コしてたやべー」とはなりませんから、むしろ人のプライベートな情報を勝手にバラす職場事態おかしいですね。

 

 

それでも最近では、在籍確認を電話で行わない会社も増えてきています。
モビットであれば、保険証が社保または組合保険の方で三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座を持っている方なら、書類で在籍確認としてくれます。

コメントを残す

このページの先頭へ