住宅ローンの審査を通りやすくする方法

住宅ローンの審査に申込みをしたが、審査に通らなかった。

その理由のひとつとして、クレジットカード複数枚持っている
これが審査に通らない原因のひとつになることがあります。

大手企業に勤めており、収入も安定している、大きな借金もない

たしかにクレジットカードは持っているが、一切使っていない。ただ持っているだけ。なのに住宅ローンの審査に通らない。

実は、クレジットカードを1枚持つと10万円・50万円といったキャッシング枠がついてくるのです。

このキャッシング枠は、何かあった時の場合に非常に便利なものではあるのですが、住宅ローンを借りる場合は、このクレジットカードのキャッシング枠を使っている使っていないに関わらず、借金としてカウントされてしまうのです。

キャッシング枠を使っていなくても、審査する側はいつでも使うことができるため借金とみなしているのです。

例えば、クレジットカードを4枚持っていて、それぞれキャッシング枠が50万円・50万円・10万円・10万円だとします。キャッシング枠は一切つかっていなくても借金を合計120万していると同じ事になります。年収が500万円ならキャッシング枠合計120万円は約4分の1の借金を既にしていることと同じなのです。

つまい、住宅ローンの審査で通りやすくするには、使ていないクレジットカードは解約することで住宅ローンの審査に通る可能性が上がるのです。

コメントを残す

このページの先頭へ