派遣社員は派遣元で在籍確認

派遣社員の申込書記入について

カードローンの申し込みにおいて、派遣社員の方は申込みの勤務先欄には派遣元の会社名を記入します。

普段働いているのは、派遣先のAという会社なのに派遣元の会社には派遣登録の時しか行ったことがない、そもそも派遣会社に電話しても私のことなど知らないし・・・

毎日出勤しているのはA社だから、勤務先欄にはA社を記入したほうがよさそうな気がしますが、在籍をしている、籍を置いているのは派遣元の会社ですので、申込書には派遣元の会社名を記入します。

※金融機関によっては、派遣元と派遣先を両方記入されるところもあります。

いないのに電話をかけるの?

カードローンの在籍確認は、原則電話で行います。

派遣社員は派遣元会社に審査担当者が、在籍確認の電話を架けるわけですが、派遣会社になんて普段行かないのに何で架けるの?となります。

実際に派遣会社に電話をしてみると・・・

「そういった名前の人はいません」

と言われてしまうのが大半です。

中には、登録があるかとうか調べてくれる派遣会社もありますが個人情報の観点から言ってそういった会社は少ないです。ただし、大手の派遣会社ではなく中小規模の派遣会社であれば、在籍が取れてしまうケースもあります。

書類で確認するケースが多い

これもカードローン会社によって異なるのですが、派遣社員の申込みは最初から書類で確認をするケースと、一応電話を架けてみて在籍確認NGだったら書類で確認するケースがあります。

在籍確認と認めてもらえる書類には、登録証明書、採用証明書、派遣会社との契約書、源泉徴収票などがあります。

派遣会社に事前連絡が必要な場合も

テンプスタッフという人材派遣会社では、派遣登録されている方がカードローンやクレジットカードなどの契約するで在籍確認の必要が生じたら、事前に連絡が必要なようです。(https://www.tempstaff.co.jp/staff/working/certificates/

事前に在籍確認の入る企業名を伝えておくと、在籍確認に応じてくれるようです。

また、カードローン会社にも在籍確認の時間指定に応じてくれるところもありますので、何時くらいに入りますと派遣会社に伝えておけばスムーズに手続きが進むかと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ